若ハゲ 就職

若ハゲは就職するのに不利なのか?

 

若ハゲだと就職するのに不利になってしまうのか?結論としては、ほぼ100%ないという事です。中には職種によって、若ハゲの人を避ける場合もあるようです。例えばホテル業界では若ハゲの人をフロントマンから外すケースも稀にあるようです。

 

しかし、実際のところ私がよく使うホテルでは、フロントにハゲの人が数人います。年齢は30歳程度だと思うのですが、それを若ハゲと呼ぶかどうかは線引きがないので微妙なところですが…。

 

若ハゲだから就職できないと考えるのは極端すぎます。若ハゲは病気ではありませんし、人に迷惑をかけるものでもありません。若ハゲを理由にして悲観的になる事で就職に悪影響が出る事はあっても、若ハゲだから就職面接は受けられないという事はないでしょう。

 

髪型に関しては、スカスカで伸び散らかした髪型よりも、坊主のほうが就職面接では良いという意見もあります。茶髪やモヒカンなど社会人の常識から逸脱したものでなければ、若ハゲでも清潔感のある髪型にしておけば問題ありません。

 

どうしても若ハゲが原因でプラスに考える事が出来ず、就職活動に悪影響が出ていると感じる人は、増毛やかつらという方法で見た目を変えるのも一つの手です。即効性があり見た目を変化させるには持って来いの方法ですが、それを維持するための費用がかかるのも事実です。プラスマイナスを比較してコストパフォーマンスが良いかどうか判断してみると良いでしょう。

 

若ハゲが進行している人
aga病院

詳細はこちらへ

若ハゲが初期段階の人
自宅ケア

詳細はこちらへ

最近人気の若ハゲ対策
増毛サロン

詳細はこちらへ